お菓子

製菓専門学校で夢を摑もう~甘いマイ・ドリーム~

最近とても人気がある

お菓子

パティシエを目指す人の多くは製菓専門学校に通ってケーキ作りの基礎を学んでいます。最近では沢山の人がパティシエを目指しているので、製菓専門学校の数も全国的に増え続けています。ですから製菓専門学校の方でも沢山の生徒さんを呼び込む為に、より魅力的な講義内容にしようと様々な努力をしています。

詳しくはコチラ

お菓子・カフェ系のプロに

お菓子

失敗しない製菓系専門学校選びのためには、まず資料請求・体験入学をしてみることです。その中から、自分なりに、マイナスポイントの少ない専門学校を選ぶことで、納得の行く学校選びとなることでしょう。おススメなのは、交通アクセスの良い学校を選ぶことです。

詳しくはコチラ

どこで学ぶか

お菓子

製菓専門学校は様々な種類がありますが、どれが一番いい学校かは人によって変わります。自分が学びたい内容をより濃く学ぶことが出来る学校を選んで、悔いの残らないような学校に入学しましょう。

詳しくはコチラ

パティシエになりたい方へ

美味しいパンの学校はこちらです。将来自分でお店を開きたい人にとってはおすすめなスクールです。詳細はホームページで。

将来パティシエを目指すという人は製菓の専門学校に通って食に関する技術を磨きましょう!実践で活かせる学習ができますよ。

お菓子

パティシエになるには、いくつかの方法があります。まず一つ目は、製菓の専門学校に通うことです。パティシエになるためには、専門の知識が必要ですが、さまざまな商品に柔軟に対応できる力も必要です。このため、製菓の専門学校でこれらをじっくりと学び、卒業後、洋菓子店やレストランなどに就職するコースが一般的な流れです。二つ目は、洋菓子店やレストランなどの実際の店舗で、技術を身に着けることです。パティシエになるには、製菓の専門学校を出ていることや、資格が絶対に必要ではないため、このコースで夢を実現する方も多くいます。製菓の専門学校に通うか、実際の現場で力をつけていくか迷うところですが、どちらの道にすすんでも、一度でも表に出れば、実力主義の世界です。

製菓の専門学校では、製菓に対する基礎力を徹底的に学ぶことができます。このため、実際に現場に出ても、土台がしっかりとしているので、即戦力にもなりやすいといわれてます。また、就職先の上司が、自分と同じ製菓の専門学校の卒業生だった場合は、多忙の際などに、仕事をふってもらえる可能性も高いのでその分、実力も早く身に付きやすいです。また、パティシエは単に菓子を製造するだけではなく、菓子の一つ一つの歴史や特徴、食べ物にたいする衛生学などに精通しているか、していないかで価値が大きく変わってきます。そして何よりも、製菓の専門学校に通うことで、同じ目標を持った仲間と出会うことができるので、人脈の面からみても製菓の専門学校に通うメリットは大きいといえるでしょう。